こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 脳科学研究科ホーム
  2.  > 部門・教員紹介
  3.  > 分子細胞脳科学分野(神経膜分子機能部門)

分子細胞脳科学分野

神経膜分子機能部門 <Laboratory of Neural Membrane Biology>

部門長:高森 茂雄 <Shigeo Takamori, Ph.D., D.V.M>
シナプス小胞は、神経伝達物質の貯蔵庫であり、神経細胞からの伝達物質放出において中心的な役割を果たします。シナプス小胞は、脳内に非常に豊富なオルガネラであり、生体脳から高純度の精製標品が得ることが可能です。膜融合タンパク質であるSNAREをはじめとした細胞機能に重要な様々なタンパク質が、シナプス小胞の研究から生まれたのもそのためです。当研究室では、哺乳類中枢神経系における最も主要な興奮性伝達物質であるグルタミン酸をシナプス小胞内腔に輸送する小胞型グルタミン酸トランスポーター(VGLUTs: vesicular glutamate transporters)の分子同定以来、その動作原理と脳機能における生理学的意義の解明を目指して研究を展開しています。また、シナプス小胞に存在する機能分子をプローブとして用いることで、生後発達期におけるシナプスや神経回路の形成及び維持の仕組みや、成体におけるシナプス機能の可塑性の分子メカニズムに迫ります。
研究室代表者名:高森 茂雄 Shigeo Takamori, Ph.D., D.V.M

研究テーマ

  1. 神経活動依存的なシナプス小胞動態の解析
  2. 神経細胞における選択的タンパク質輸送システムの解明
  3. 神経伝達物質再充填の分子メカニズム

主要論文

  1. Egashira Y., Takase M., Watanabe S., Ishida J., Fukamizu A., Kaneko R., Yanagawa Y. & Takamori S. (2016) Unique pH dynamics in GABAergic synaptic vesicles illuminates the mechanism and kinetics of GABA loading.Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 113(38):10702-7.
  2. Tsujimura K., et al. (2015) miR-199a Links MeCP2 with mTOR Signaling and Its Dysregulation Leads to Rett Syndrome Phenotypes. Cell Rep. 12:1-15.
  3. Egashira Y., Takase M. & Takamori S. (2015) Monitoring of Vacuolar-type H+ ATPase-mediated Proton Influx into Synaptic Vesicles. J. Neurosci. 35(8):3701-10.
  4. Kumamaru E., Egashira Y., Takenaka R. & Takamori S. (2014) Valproic acid selectively suppresses the formation of inhibitory synapses in cultured cortical neurons. Neurosci Lett. 569, 142-7.
  5. Schenck S., Wojcik S.M., Brose N., & Takamori S. (2009) A chloride conductance in VGLUT1 underlies maximal glutamate loading into synaptic vesicles. Nat. Neurosci. 12, 156-162.
  6. Takamori S. (2006) VGLUT:‘exciting’times for glutamatergic research? Neurosci. Res. 55, 343-51 (Review article).
  7. Takamori S., et. al. (2006) Molecular anatomy of a trafficking organelle. Cell 127, 831-46.
  8. Wojcik S.M., Rhee J.S., Herzog E., Sigler A., Jahn R., * Takamori S., * Brose N. & * Rosenmund C. (2004) An essential role for vesicular glutamate transporter 1 (VGLUT1) in postnatal development and control of quantal size. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 101, 7158-63. * corresponding authors.
  9. Stobrawa S.M., et al. (2001) Disruption of ClC-3, a chloride channel expressed on synaptic vesicles, leads to a loss of the hippocampus. Neuron 29, 185-196.
  10. Takamori S., Rhee J.S., Rosenmund C. & Jahn R. (2000) Identification of a vesicular glutamate transporter that defines a glutamatergic phenotype in neurons. Nature 407, 189-194.

メンバー

高森 茂雄(教授):Shigeo Takamori, Ph.D., D.V.M. (Principal investigator, Professor)
森  靖典(特定任用研究員・准教授):Yasunori Mori, Ph.D. (Research associate professor)
長澤 真理子(秘書):Mariko Nagasawa (Secretary)

リンク

高森茂雄研究室(オリジナルサイト)

研究室の連絡先

〒610-0394 京都府京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学 京田辺キャンパス 訪知館4階
E-mail:stakamor@mail.doshisha.ac.jp
.