こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 脳科学研究科ホーム
  2.  > 部門・教員紹介
  3.  > 病態脳科学分野(認知記憶加齢部門)

病態脳科学分野

認知記憶加齢部門 <Laboratory of Structural Neuropathology>

部門長:貫名 信行 <Nobuyuki Nukina,Ph.D.,M.D.>
神経変性疾患の発症機序は未だ十分解明されているとはいえません。遺伝学的手法を用いて遺伝性神経変性疾患の多くの病因遺伝子が同定され、その多くの疾患で病因遺伝子産物が神経細胞に蓄積していることがわかってきました。ハンチントン病や遺伝性脊髄小脳変性症では伸長したポリグルタミン鎖が核内に沈着しています。私たちはこのような突然変異がそのホスト蛋白質の不安定化を引き起こし、沈着し、神経細胞変性を引き起こす過程を細胞生物学的、構造生物学的解析することにより、これらの疾患の発症を予防する因子・化合物を探索しています。シャペロンやユビキチン・プロテアソーム系,オートファジー系が異常蛋白質のフォールディング、分解に関わる重要な因子であり、これらを制御することによる発症予防の可能性について示してきました。このような蛋白質のフォールディング異常による病態研究をさらにシヌクレイノパチー、タウオパチーなどの認知症疾患に展開し、発症予防、治療をめざします。また最近当研究室が発見した大脳基底核の投射線維が無髄線維である事実を出発点に、中枢神経系における無髄神経の機能、病態の解明もめざします。
研究室代表者名:貫名 信行 Nobuyuki Nukina,Ph.D.,M.D.

研究テーマ

  1. 異常蛋白質の凝集メカニズム
  2. 蛋白質の品質管理
  3. 中枢神経系の無髄神経の機能、病態

主要論文

  1. Miyazaki H, Oyama F, Inoue R, et al. Singular localization of sodium channel beta4 subunit in unmyelinated fibres and its role in the striatum. Nat Commun. 2014;5:5525.
  2. Yamanaka T, Tosaki A, Kurosawa M, et al. NF-Y inactivation causes atypical neurodegeneration characterized by ubiquitin and p62 accumulation and endoplasmic reticulum disorganization. Nat Commun. 2014;5:3354.
  3. Matsumoto G, Wada K, Okuno M, et al. Serine 403 phosphorylation of p62/SQSTM1 regulates selective autophagic clearance of ubiquitinated proteins. Mol Cell. 2011;44(2):279-89.
  4. Bauer PO, Goswami A, Wong HK, et al. Harnessing chaperone-mediated autophagy for the selective degradation of mutant huntingtin protein. Nat Biotechnol. 2010;28(3):256-63.
  5. Furukawa Y, Kaneko K, Matsumoto G, et al. Cross-seeding fibrillation of Q/N-rich proteins offers new pathomechanism of polyglutamine diseases. J Neurosci. 2009;29(16):5153-62.
  6. Yamanaka T, Miyazaki H, Oyama F, et al. Mutant Huntingtin reduces HSP70 expression through the sequestration of NF-Y transcription factor. EMBO J. 2008;27(6):827-39.
  7. Sakurai T, Kaneko K, Okuno M, et al. Membrane microdomain switching: a regulatory mechanism of amyloid precursor protein processing. The Journal of cell biology. 2008;183(2):339-52.
  8. Tanaka M, Machida Y, Niu S, et al. Trehalose alleviates polyglutamine-mediated pathology in a mouse model of Huntington disease. Nat Med. 2004;10(2):148-54.
  9. Tanaka M, Machida Y, Nishikawa Y, et al. Expansion of polyglutamine induces the formation of quasi-aggregate in the early stage of protein fibrillization. J Biol Chem. 2003;278(36):34717-24.
  10. Jana NR, Zemskov EA, Wang G, et al. Altered proteasomal function due to the expression of polyglutamine-expanded truncated N-terminal huntingtin induces apoptosis by caspase activation through mitochondrial cytochrome c release. Hum Mol Genet. 2001;10(10):1049-59.

メンバー

貫名 信行(教授):Nobuyuki Nukina Ph.D., M.D. (Principal investigator, Professor)
山中 智行(特定任用研究員・准教授):Tomoyuki Yamanaka, Ph.D. (Research associate professor)
宮﨑 晴子 (特定任用研究員・助教):Haruko Miyazaki, Ph.D. (Research assistant professor)
関川 幸絵(秘書):Yukie Sekikawa (Secretary)

リンク

貫名信行研究室(オリジナルサイト)

研究室の連絡先

〒610-0394 京都府京田辺市多々羅都谷1-3 訪知館4階
TEL:0774-65-7212
E-mail:nnukina@mail.doshisha.ac.jp

.