こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 脳科学研究科ホーム
  2. > 2015年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3.  > 緑川光春助教、坂場武史教授の研究成果が米国科学雑誌Neuronに掲載されました。

新着ニュース

緑川光春助教、坂場武史教授の研究成果が米国科学雑誌Neuronに掲載されました。

'15年11月5日 更新
同志社大学研究開発推進機構の緑川光春助教と同志社大学大学院脳科学研究科の坂場武史教授による研究論文が米国科学雑誌Neuronに掲載されました。本研究では、哺乳類神経シナプス前終末において、全反射蛍光顕微鏡を用い、単一シナプス小胞の動きおよび開口放出の様子を100 nmオーダーの空間分解能で可視化したものです。このようなイメージングを用いた研究によって、正常あるいは疾患状態におけるシナプス前終末からの神経伝達放出および可塑性の分子細胞メカニズムが明らかになっていくものと思われます。

Midorikawa M and Sakaba T (2015) Imaging exocytosis of single synaptic vesicles at a fast CNS presynaptic terminal. Neuron 88: 492-498.
関連情報
.