こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 脳科学研究科ホーム
  2. > 2016年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3.  > 2017年4月着任 専任教員について 【お知らせ】

新着ニュース

2017年4月着任 専任教員について 【お知らせ】

'16年11月21日 更新
2017年4月1日付で、髙橋 晋(たかはし・すすむ)  氏が、専任教員(教授)として着任します。


【部門名】 
認知行動神経機構部門

【概要】
 脳は、数百億個の神経細胞(ニューロン)から成る複雑かつ巨大なネットワークと言われています。その中をニューロンが発する信号(ニューロン活動)が伝播することで、見る、聴く、触る、動く、覚える、思い出すなどの認知行動機能が実現されていると考えられていますが、その詳細は未だ十分に解明されているとは言えません。当部門では、認知から行動に至る情報処理を脳がどのように実現しているのか、そのメカニズム―認知行動神経機構―を、ニューロン活動を手掛かりとして解き明かそうとします。この難問に挑むには、多面的なアプローチが必要になりますが、当部門では、ラットやマウスを対象とし、電気生理学、情報工学、実験心理学、光遺伝学(オプトジェネティクス)などに基づいた手法を自在に組み合わせることで、その解明に取り組みます。
 例えば、記憶を司る海馬にあり、動物が特定の位置を通過するときに高頻度に活動するニューロン―場所細胞―に着目しています。場所細胞の活動動態を解読し、それらをオプトジェネティクスにより選択的に操作することで、「いつ、どこで、なにを、どのようにした」というエピソードの記憶が、脳内でどのように形成され、想起されるのかを明らかにしています。また動物は、目印の無い道程をときには数百kmも迷わず行き来することができます。私達は、場所細胞の活動を手掛かりに、そのような驚異的なナビゲーションを実現する神経機構を解き明かそうとしています。

【研究テーマ】
  1. エピソード記憶を支える神経機構の解明
  2. ナビゲーションを実現する神経機構の解明

【主要論文】
  1. Takahashi, S., Episodic-like memory trace in awake replay of hippocampal place-cell activity sequences, eLife, 4:e08105, 2015.
  2. Takahashi, S., Hierarchical organization of context in the hippocampal episodic code, eLife, 2:e00321, 2013.
  3. Terada S., Takahashi S., and Sakurai Y., Oscillatory interaction between amygdala and hippocampus coordinates behavioral modulation based on reward expectation, Frontiers in Behavioral Neuroscience. 7(177), 1:12, 2013.
  4. Sakurai, Y., and Takahashi, S., Conditioned enhancement of firing rates and synchrony of hippocampal neurons and firing rates of motor cortical neurons in rats, European Journal of Neuroscience, doi:10.1111/ejn.12070, 1-17, 2012.
  5. Takahashi, S., and Sakurai, Y. Information in small neuronal ensemble activity in the hippocampal CA1 during delayed non-matching to sample performance in rats, BMC Neuroscience, 10:115, 2009.
  6. Takahashi, S., and Sakurai, Y. Sub-millisecond firing synchrony of closely neighboring pyramidal neurons in hippocampal CA1 of rats during delayed non-matching to sample task, Frontiers in Neural Circuits, 3:9, 2009.
  7. Takahashi, S., and Sakurai, Y. Coding of spatial information by soma and dendrite of pyramidal cells in the hippocampal CA1 of behaving rats, European Journal of Neuroscience, 26(7), 2033-2045, 2007.
  8. Sakurai, Y., and Takahashi, S., Dynamic synchrony of firing in the monkey prefrontal cortex during working memory tasks, Journal of Neuroscience, 26, 10141-10153, 2006.
  9. Takahashi, S., and Sakurai, Y. Real-time and automatic sorting of multi-neuronal activity for sub-millisecond neuronal interactions in vivo. Neuroscience, 134, 301-315, 2005.
  10. Takahashi, S., Anzai, Y. and Sakurai, Y. Automatic sorting for multi-neuronal activity recorded with tetrodes in the presence of overlapping spikes, Journal of Neurophysiology, 89, 2245-2258, 2003.

髙橋 晋 教授
.