こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 脳科学研究科ホーム
  2. > 2016年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3.  > 脳科学研究科 学生・呉胤美さん(神経回路形態部門所属)の論文が Brain Structure and Function に掲載

新着ニュース

脳科学研究科 学生・呉胤美さん(神経回路形態部門所属)の論文が Brain Structure and Function に掲載

'17年2月6日 更新
ドーパミンは運動機能や認知機能の調整のみならず学習や報酬系にも深く関与しており、その制御の解明については重要課題です。近年、大脳基底核の淡蒼球外節細胞がドーパミン細胞群である黒質緻密部に投射することが報告されましたが、淡蒼球外節のどのニューロンが投射し、どのように作用するかは明らかではありませんでした。
本研究では、PV-Creラットを初めて使用し、淡蒼球外節の中でもパルブアルブミンを持つ細胞だけを赤の蛍光タンパクで可視化することで、神経終末が黒質緻密部の特定の領域に優位に分布することを明らかにしました。さらに、淡蒼球外節のパルブアルブミン細胞の活性化によって黒質緻密部のドーパミン細胞が強く抑制されることが電気生理学的に証明されました。
この結果によって、運動や学習における大脳基底核の理解、黒質緻密部の変性疾患であるパーキンソン病の病態への理解の進歩が期待できます。

■雑誌名
Brain Structure and Function

■論文タイトル
Using a novel PV-Cre rat model to characterize pallidonigral cells and their terminations.

■著者
Yoon-Mi Oh, Fuyuki Karube, Susumu Takahashi, Kenta Kobayashi, Masahiko Takada, Motokazu Uchigashima, Masahiko Watanabe, Kayo Nishizawa, Kazuto Kobayashi, Fumino Fujiyama

■Cite this article as:
Oh, YM., Karube, F., Takahashi, S. et al. Brain Struct Funct (2016). doi:10.1007/s00429-016-1346-2

Using a novel PV-Cre rat model
関連情報
.