1. 脳科学研究科ホーム
  2. 部門・教員紹介
  3. システム脳科学分野(認知行動神経機構部門)

システム脳科学分野

認知行動神経機構部門 <Laboratory of Cognitive and Behavioral Neuroscience>

髙橋晋
部門長:髙橋 晋 <Susumu Takahashi, Ph.D.>
 脳は、数百億個の神経細胞(ニューロン)から成る複雑かつ巨大なネットワークと言われています。その中をニューロンが発する信号(ニューロン活動)が伝播することで、見る、聴く、触る、動く、覚える、思い出すなどの認知行動機能が実現されていると考えられていますが、その詳細は未だ十分に解明されているとは言えません。当部門では、認知から行動に至る情報処理を脳がどのように実現しているのか、そのメカニズム―認知行動神経機構―を、ニューロン活動を手掛かりとして解き明かそうとします。この難問に挑むには、多面的なアプローチが必要になりますが、当部門では、ラットやマウスを対象とし、電気生理学、情報工学、実験心理学、光遺伝学(オプトジェネティクス)などに基づいた手法を自在に組み合わせることで、その解明に取り組みます。
 例えば、記憶を司る海馬にあり、動物が特定の位置を通過するときに高頻度に活動するニューロン―場所細胞―に着目しています。場所細胞の活動動態を解読し、それらをオプトジェネティクスにより選択的に操作することで、「いつ、どこで、なにを、どのようにした」というエピソードの記憶が、脳内でどのように形成され、想起されるのかを明らかにしています。また動物は、目印の無い道程をときには数百kmも迷わず行き来することができます。私達は、場所細胞の活動を手掛かりに、そのような驚異的なナビゲーションを実現する神経機構を解き明かそうとしています。

研究テーマ

  1. エピソード記憶を支える神経機構の解明
  2. ナビゲーションを実現する神経機構の解明

主要論文

  1. Takahashi, S. Hombe, T., Takahashi, R., Ide K., Okamoto S., Yoda, K., Kitagawa, T., Makiguchi, Y., "Wireless logging of extracellular neuronal activity in the telencephalon of free-swimming salmonids", Animal Biotelemetry, 9:9, 2021.
  2. Maekawa T, Ohara K, Zhang Y, Fukutomi M, Matsumoto S, Matsumura K, Shidara H, Yamazaki S, Fujisawa R, Ide K, Nagaya N, Yamazaki K, Koike S, Miyatake T, Kimura K, Ogawa H, Takahashi S, Yoda K, "Deep Learning-assisted Comparative Analysis of Animal Trajectories with DeepHL", Nature Communications, 11, 5316, 2020.
  3. Hoshino, S., Takahashi, R, Mieno, K., Tamatsu, Y., Azechi, H., Ide, K., Takahashi, S., "The reconfigurable maze provides flexible, scalable, reproducible and repeatable tests", iScience, Volume 23, Issue 1, 2020.
  4. Karube, F., Takahashi, S., Kobayashi, K., Fujiyama, F., "Motor cortex can directly drive the globus pallidus neurons in a projection neuron type-dependent manner in the rat", eLife, 2019.
  5. Nakazono, T., Takahashi, S., Sakurai, Y., "Enhanced theta and high-gamma coupling during late stage of rule switching task in rat hippocampus", Neuroscience, 412:216-232, 2019.
  6. Song, K., Takahashi, S., Sakurai, Y., "Reinforcement schedules differentially affect learning in neuronal operant conditioning in rats", Neuroscience Research, S0168-0102(19)30138-5. doi: 10.1016/j.neures.2019.04.003. 2019.
  7. Oh, YM., Karube, Y., Takahashi, S., Kobayashi, K., Takada M., Uchigashima, M., Watanabe, M., Nishizawa, K., Kobayashi, K., Fujiyama, F., “Using a novel PV-Cre rat model to characterize pallidonigral cells and their terminations”, Brain Structure and Function, 2016.
  8. Takahashi, S., Episodic-like memory trace in awake replay of hippocampal place-cell activity sequences, eLife, 4:e08105, 2015.
  9. Takahashi, S., Hierarchical organization of context in the hippocampal episodic code, eLife, 2:e00321, 2013.
  10. Terada S., Takahashi S., and Sakurai Y., Oscillatory interaction between amygdala and hippocampus coordinates behavioral modulation based on reward expectation, Frontiers in Behavioral Neuroscience. 7(177), 1:12, 2013.



メンバー

髙橋 晋(教授):Susumu Takahashi, Ph.D. (Principal investigator, Professor)
井出 薫(助教):Kaoru Ide, Ph.D. (Research assistant professor)
増田 明(助教):Akira Masuda, Ph.D. (Research assistant professor)

リンク

髙橋晋研究室(オリジナルサイト)

研究室の連絡先

〒610-0394 京都府京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学 京田辺キャンパス 訪知館4階
TEL:0774-65-6067
E-mail:stakahas@mail.doshisha.ac.jp