1. 脳科学研究科ホーム
  2. 2019年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3. 脳科学研究科 御園生裕明教授と渡辺祥司助教、大学院生 岩田実里さん、山根彩可さん、生命医科学部 宮坂知宏准教授らの共同研究による成果が「Molecular Biology of the Cell」のオンライン版に掲載

脳科学研究科 御園生裕明教授と渡辺祥司助教、大学院生 岩田実里さん、山根彩可さん、生命医科学部 宮坂知宏准教授らの共同研究による成果が「Molecular Biology of the Cell」のオンライン版に掲載

'19年8月5日 更新
脳科学研究科 御園生裕明教授と渡辺祥司助教、大学院生 岩田実里さん、山根彩可さん、生命医科学部 宮坂知宏准教授らの共同研究による成果が「Molecular Biology of the Cell」のオンライン版に掲載されました。

アルツハイマー病の原因タンパク質の一つであるタウは、神経細胞の軸索に存在し、細胞体や樹状突起にはほとんどありません。しかし変性した神経細胞では、タウが本来いるはずのない細胞体や樹状突起に蓄積します。研究グループは、このような変化が起こるメカニズムを知るには、まず、正常な状態でタウが軸索に存在するメカニズムを理解する必要があると考え、研究を行いました。その結果、これまでの通説を覆す、あたらしい分子メカニズムを示唆する知見が得られました。今後、アルツハイマー病におけるタウの異常化メカニズムを理解するための重要な基礎になると考えられます。

詳細に関しては、以下の関連情報をご覧ください。
20190805
脳科学研究科 御園生裕明教授と渡辺祥司助教、大学院生 岩田実里さん、山根彩可さん、生命医科学部 宮坂知宏准教授らの共同研究による成果が「Molecular Biology of the Cell」のオンライン版に掲載されました。

アルツハイマー病の原因タンパク質の一つであるタウは、神経細胞の軸索に存在し、細胞体や樹状突起にはほとんどありません。しかし変性した神経細胞では、タウが本来いるはずのない細胞体や樹状突起に蓄積します。研究グループは、このような変化が起こるメカニズムを知るには、まず、正常な状態でタウが軸索に存在するメカニズムを理解する必要があると考え、研究を行いました。その結果、これまでの通説を覆す、あたらしい分子メカニズムを示唆する知見が得られました。今後、アルツハイマー病におけるタウの異常化メカニズムを理解するための重要な基礎になると考えられます。

詳細に関しては、以下の関連情報をご覧ください。
関連情報