1. 脳科学研究科ホーム
  2. 2019年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3. 苅部冬紀准教授と髙橋晋教授、藤山文乃教授の論文がeLIFEに掲載

苅部冬紀准教授と髙橋晋教授、藤山文乃教授の論文がeLIFEに掲載

'19年11月13日 更新
脳科学研究科 苅部冬紀准教授と髙橋晋教授、藤山文乃教授らの論文「Motor cortex can directly drive the globus pallidus neurons in a projection neuron type- dependent manner in the rat」がeLIFEの電子版に掲載されました。



大脳基底核は、適切な運動の企画や制御に重要で、また、様々な運動関連疾患に関わっています。研究グループは、大脳皮質運動野から大脳基底核への新しい投射経路を見出し、またこの経路が、既知の皮質投射経路と同程度に働き得ることを報告しました。さらに、この投射が特定の神経回路を選択的に動かすことを示唆するデータを報告しました。これらの結果は、運動関連疾患のメカニズムの理解にもつながると考えられます。
20191113
脳科学研究科 苅部冬紀准教授と髙橋晋教授、藤山文乃教授らの論文「Motor cortex can directly drive the globus pallidus neurons in a projection neuron type- dependent manner in the rat」がeLIFEの電子版に掲載されました。



大脳基底核は、適切な運動の企画や制御に重要で、また、様々な運動関連疾患に関わっています。研究グループは、大脳皮質運動野から大脳基底核への新しい投射経路を見出し、またこの経路が、既知の皮質投射経路と同程度に働き得ることを報告しました。さらに、この投射が特定の神経回路を選択的に動かすことを示唆するデータを報告しました。これらの結果は、運動関連疾患のメカニズムの理解にもつながると考えられます。
関連情報