1. 脳科学研究科ホーム
  2. 2019年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3. 神経回路情報伝達機構部門 廣川純也准教授の成果が「Nature」の電子版に掲載

神経回路情報伝達機構部門 廣川純也准教授の成果が「Nature」の電子版に掲載

'19年12月6日 更新
神経回路情報伝達機構部門 廣川純也准教授の成果が「Nature」の電子版に掲載されました。

眼窩前頭皮質は様々な報酬の予測と統合を行うことで適切な意思決定を可能にしている考えられています。研究グループはラットが複雑な意思決定を行っている際の眼窩前頭皮質の神経回路の活動を解析し、眼窩前頭皮質が基礎的な意思決定要因を符合する複数のグループから構成されていること、さらにそのような集団の中で、統合された情報を持つ神経細胞集団は、その情報を脳の線状体に出力することで過去の選択結果を次の選択行動に活用していることなどを発見しました。この結果は、不適切とわかっていても行動してしまう依存症のような「意思決定の病」を、より効果的に治癒する方法の開発につながると考えています。

詳細に関しては、以下の関連情報をご覧ください。
20191206
神経回路情報伝達機構部門 廣川純也准教授の成果が「Nature」の電子版に掲載されました。

眼窩前頭皮質は様々な報酬の予測と統合を行うことで適切な意思決定を可能にしている考えられています。研究グループはラットが複雑な意思決定を行っている際の眼窩前頭皮質の神経回路の活動を解析し、眼窩前頭皮質が基礎的な意思決定要因を符合する複数のグループから構成されていること、さらにそのような集団の中で、統合された情報を持つ神経細胞集団は、その情報を脳の線状体に出力することで過去の選択結果を次の選択行動に活用していることなどを発見しました。この結果は、不適切とわかっていても行動してしまう依存症のような「意思決定の病」を、より効果的に治癒する方法の開発につながると考えています。

詳細に関しては、以下の関連情報をご覧ください。
関連情報